ホーム » 症例検索 » 非抜歯にて治療を行った叢生をともなう開咬症例

非抜歯にて治療を行った叢生をともなう開咬症例

  • 14~19歳
  • 開咬
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

非抜歯にて治療を行った叢生(ガタガタの歯並び)をともなう開咬症例。(奥歯は噛み合っているが前歯が全く咬み合わない状態。)

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)を認めます。咬み合わせは奥歯の数本のみ噛み合っているだけで前歯から側方歯にかけては全く咬み合うことができません。前歯で食物をかみ切ることがほとんどできない状態です。(咀嚼機能障害)

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

非抜歯にて歯列・咬み合わせを確立することができました。前歯でなんでもかみ切ることができる機能的な咬み合わせを得ることができました。治療期間は1年11カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG