ホーム » 当院の矯正治療

当院の矯正治療

お子様の矯正治療
成人の矯正治療
シニアの矯正治療
お子様の矯正治療

お子様が将来、きれいな歯並び、正しい噛み合わせになるよう気づかってあげることは、お父さん、お母さんの大切な役割の1つです。どうぞ早い時期に治療を開始し、心身共に明るく健康的な笑顔をプレゼントしてあげてください。

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

小児矯正で最も大切なことは長期的な視点に基いて行なうことです。
大人になってからでも矯正はできる時代になりましたが、それでも成長段階にある子どものうちから始める治療には、多くのメリットがあります。

①永久歯への萌えかわり期間を利用してスペース不足の軽減・解消治療が行なえます

叢生症例(ガタガタの歯並び)において、非抜歯での矯正治療が可能になってきます。

②成長発育期に顎骨の成長バランスを調整(顎骨の成長コントロール治療)が行なえることで効果的な治療結果が期待できます

(例1)骨格性上顎前突症(出っ歯)において
成長期において中長期的にヘッドギアを使用し上顎骨の成長抑制治療を行なうことで”出っ歯度”を悪化させないことが必須です。また非常に効果がでた場合、非抜歯で出っ歯を完治することも可能です。(この成長コントロール治療を行なう・行なわないでは治り度合いが全くちがってきます。)

(例2)骨格性下顎前突症(反対咬合・受け口) において
上顎骨の劣成長をともなう場合にはフェイシャルマスク(上顎前方牽引装置)にて上顎骨の成長促進治療を成長期に行うことで反対咬合の改善のみならず上口唇部のへこんだ側顔貌も改善されます。

③精神面でコンプレックスが解消されます

思春期にはいるころから周囲の人からの見た目を意識するようになったり、出っ歯や受け口といった特徴をからかわれたことで、口元を手で覆ったり、あまり笑わなくなってしまうなど心を痛める子も少なくありません。多感な時期に入る前に歯並び・咬み合わせを改善してあげることで、お子様の心の健康を守ってあげることができます。

上記の治療例については症例検索をご覧ください

当院の治療について

なるべく抜かない削らない,痛みは 最小限に,最後まで責任を持って

当院では、成長期のお子様の矯正において、短期間に取り外し式の単純な装置のみで部分的に、アバウトに終わらせる治療ではなく、永久歯への萌えかわり完了まで(※12歳臼歯まで)をきちんとコントロールする治療を行っております。
そして、骨格性の不正咬合のお子様の場合は、永久歯交換完了以後も成長発育とともに持続的に悪化することも多く、成長が止まるまで矯正治療を終えることができないため、最後まで責任を持って治療を行います。
また、早期治療により、歯列の拡大やあごの骨の成長発育をコントロールすることで、基本的に非抜歯にて矯正治療を進める方針をとっております。加えてできる限り痛みの少ない治療も心がけておりますので、どうぞ安心してお任せください。

※12歳臼歯とは:12歳頃から萌えだしてくる、前から数えて7番目の永久歯のことを指します。

お子様の歯並びチェック

お子様の歯並びがこのようになっていませんか?「あれ?もしかして?」と思われるようなことがありましたら、お気軽にご相談にお越しください。

歯が凸凹している【叢生(そうせい)】

叢生

八重歯・乱杭歯(らんぐいば)ともいい、あごが小さくなっている現代の子どもに多い不正咬合です。見た目だけでなく、凸凹により歯磨きがしづらいため、虫歯や歯肉炎、歯周病になりやすくなります。また、あごの動きが制限され、将来的に顎関節症を引き起こす要因にもなります。

上の歯が飛び出している【出っ歯】

出っ歯

正式には上顎前突といいます。前歯部で食べ物がかみきれない咀嚼障害が最大の特徴です。また口が閉じにくいため歯や歯肉が乾燥しやすく虫歯や歯肉炎のリスクが高まります。発音もしづらく、指しゃぶりや舌癖、口呼吸などと関連があります。

下の歯が上の歯より出ている【受け口】

受け口

正式には下顎前突・反対咬合といいます。
前歯で食べ物が噛みにくく、発音もしづらくなり、指しゃぶりなどの不良習癖の原因にもなります。また、顎関節症を引き起こす要因にもなり、お子様の場合は、正常な上あごの成長が阻害される可能性があります。

上の歯と下の歯が噛み合っていない【開咬】

開咬

奥歯を噛み合わせた時に、上下の前歯が噛み合わず、すき間ができてしまう状態です。前歯で食べ物を咬むことが全くできない咀嚼障害が特徴です。細いもの薄いもの(麺類など)を噛み切ることができません。また、歯肉が乾燥しやすいため虫歯や歯肉炎にもなりやすくなります。幼少期の指しゃぶりや舌癖が原因となることも多く、このまま大人になると治療が難しくなる可能性があります。

矯正治療の流れ

矯正器具について

お子様おひとりおひとりに合った矯正器具をセファログラム分析などの診断のもとに 段階的に使用していきます。

(均一に拡大装置だけで終わるというのでなく)矯正治療器具のなかには既製品もありますが、患者さんのお口の中の状態や症状はさまざまで、成長とともに不正咬合の状況・程度は変化しますので、診断のもとにお子様の年齢・歯の交換の時期に合わせて適切でピタリと合った矯正器具を作成し、装着していただくことで治療の効果も確実にあがってきます。

Active Plate

Active Plate

前歯の前方移動に用いる装置

下顎用Active Plate

下顎用Active Plate

下顎前歯の後方移動に用いる装置

Expansion Plate

Expansion Plate

側方拡大に用いる装置(片側タイプもあります)

Expansion Plate ファンタイプ

Expansion Plate ファンタイプ

前歯の側方拡大に用いる装置

サジタルアプライアンス

サジタルアプライアンス

大臼歯の後方移動に用いる装置

リップバンパー

リップバンパー

口唇圧を利用し大臼歯の後方移動に用いる装置

クォッドヘリクス

クォッドヘリクス

歯列弓を側方へ拡大する装置

ペンデュラム(固定式)

ペンデュラム(固定式)

大臼歯の後方移動に用いる装置

早期治療において(特に叢生症例〜ガタガタの歯並び〜において)使用する装置は取り外し式の装置がほどんどです。小学低学年の患者さんが無理なく使用できるもので、痛みをともなうことがまずありません。(多少の圧迫感を数日感じる程度です。)食事時、ハミガキの時ははずしていただきますので食べにくいとかハミガキしにくいということが全くありません。
永久歯がはえそろうまでの期間にこれらの装置を用いてスペースの増大を行い、十分効果が出た場合には、治療後半においてマルチブラケット装置を上下顎の歯に装着して永久歯を抜歯することなく矯正治療を完了できる場合が多くなります。

矯正治療は一般歯科の延長線上ではなく、まったくの別物です。歯の矯正をご検討される場合は、必ず矯正専門医院をオススメいたします。

成人の矯正治療

治したい…と思った「今」が、最大のチャンス!

治したい…と思った「今」が、最大のチャンス!

「矯正治療=子どもがするもの」というイメージをお持ちではありませんか?
大人の矯正治療は不可能、あるいは難しい、または治療期間が子どもの矯正治療と比べて極端に長くかかるなど、間違った情報をお聞きになったことはありませんか?
しかし、実際大人の方は自らが「歯並びを治したい」という希望を持って矯正に臨むため、治療への理解や治療中のケアがしっかりとでき、かえって早くきれいに治る場合もあるのです。
また、近年は矯正の技術も装置も進歩しており、大人だからこそ幅広い選択肢の中から、ご自身のライフスタイルに合わせて、最適なものを選んでいただけるようになりました。
歯を支える骨があれば、矯正治療は何歳からでも始められます。だから、治したいと思われた「今」こそが、治療を開始する絶好のタイミング!「大人になった今ではもう遅い・・・」と諦めずに、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

成人矯正のメリット

成人矯正のメリット

大人になってから始める矯正治療には、下記のようなさまざまなメリットがあります。

子どもと比較して、治療計画が立てやすいです

顎骨の成長発育に関する診断・予測ということが関与しないため、成人矯正は明確に治療計画が治療開始時において立てられ、また自らが納得して通院やケアに積極的に取り組むことで、効率良く治療を進めることができます。

笑顔に自信が持てるようになります

やはりこれが一番のメリットかもしれません。口元が変われば、顔の印象も大きく変わります。出っ歯や受け口といった見た目のコンプレックスが解消されることで、口元を気にせず思いっきり笑えるようになったり、自信を持って人と会話できるようになるため、矯正をきっかけに社交的になる方もたくさんいらっしゃいます。

発音が明瞭になります

歯並びの影響で舌が上手く動かせなかったり、歯の隙間から息が漏れてしまって、日常の会話に支障が出ている方もいらっしゃると思います。歯並びや噛み合わせを治すことで、舌の動きや息漏れが改善され、正しく明瞭に発音できるようになります。

健康面にも好影響を与えます

しっかりと噛んで食べられるようになるため、今まで食べにくかった食物が容易に食べられるようになったり、消化吸収が良くなり、それまで胃腸などの消化器官にかかっていた負担が軽減されます。また、噛み合わせが整えらることで、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群の改善も期待できる場合があります。

虫歯や歯周病・口臭を予防しやすくなります

乱れた歯並びによって歯ブラシでは届きにくかった歯の隙間や、歯肉に近いところまで磨けるようになるため、歯垢がたまるのを防ぐことができ、虫歯や歯周病・口臭の予防につなげることができます。

当院の治療について

当院では、成人の方の矯正治療において、審美的な要求にお応えし、歯の裏側に小さな装置を取り付ける「見えない矯正(舌側矯正)」を行っております。
また、コスメティックな診断も重視し、矯正治療によるお口元の美しさを追求しています。

見えない矯正

抜歯について

当院では、可能な限り歯を抜かずに治療を行いますが、あごの成長が止まっている大人の方は、歯が動く範囲に制約があるため、抜歯しなければならない場合も往々にして出てきます。
ただし、抜歯の際は事前に必ずその必要性をご説明し、十分ご納得いただいた上で決定しますので、どうぞご安心ください。

シニアの矯正治療

矯正治療に年齢制限はありません

矯正治療に年齢制限はありません

若い頃から歯並びに問題があっても、特にその「見た目」を気にすることなく、この歳に至るという方は多くいらっしゃると思います。
しかし、そのような方がシニア世代に入り、不幸にも虫歯や歯周病などが原因で歯を失って、「お口の働き」を回復するためにブリッジや入れ歯、インプラントなどが必要になった際、もともと不正咬合であるがために、適切な治療ができないという場合が往々にして出てきます。
つまり、シニア世代にとっての乱れた歯並びは、「お口の働き」そのものに影響を与え、「見た目」だけではなく、今後のQuality of life(QOL)=生活の質の低下を招く可能性をも示唆しているのです。
ですが、今まさにそのような状況でお悩みの方でも「どうせこの年齢からでは、矯正は無理だし・・・」や、「この歯並びの悪さは、加齢によるものだから・・・」という思い込みで、治療を諦めていらっしゃるのではないでしょうか?
大丈夫です!近年の技術や装置において、矯正治療に年齢制限はありません。50歳代・60歳代からでも矯正治療は開始できるのです。どうぞ諦めず、いつまでも健康で美しく機能的なお口であり続けるための準備を、今から始めてみませんか?

矯正はアンチエイジングにも効果あり?

歯並びと老化は、一見そこまで関連が無いように思われるかもしれませんが、実はお口周りから、全身まで大きな関わりを持っています。
矯正治療でしっかりと噛める歯並びを作り、お顔だけでなく全身のアンチエイジングへとつなげていきましょう。

歯並びと老化の関連性・正しい咬み合わせと認知症との関連性

  • うまく噛めないことで、口の周りの筋肉が衰え、老け顔になってしまいます
  • 乱れた歯並びは、顔にゆがみを生じさせ、しわやたるみの原因になります
  • 噛み癖がついて、長年片方だけで噛んでいると、あごのバランスが崩れてしまいます
  • 噛み合わせの悪さは、顔だけでなく、脊椎のゆがみにもつながることがあります
  • しっかり噛めなくなると、脳の老化スピードが早まると言われています。咀嚼(そしゃく)と認知症は関連があり、良い咬み合わせでかむことが認知症を予防することにつながると、学術的に示されています

当院の治療について

QOL

当院では、シニアの方の矯正において、一般歯科のドクターと連携し、歯周病治療・補綴治療(クラウン、ブリッジ、入れ歯、インプラントなど)と矯正治療をリンクさせた包括的(トータル的)な治療を行っております。噛み合わせの機能回復はもちろんのこと、アンチエイジングそして、素晴らしい人生を送っていただくためのQOL(生活の質)向上として、矯正治療をご提供させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG