ホーム » 症例検索 » 顎変形症〜外科的矯正治療例(下顎骨の側方偏位)〜

顎変形症〜外科的矯正治療例(下顎骨の側方偏位)〜

  • 14~19歳
  • 顎変形
  • 受け口(反対咬合)
  • 交叉咬合
  • 表からの矯正

下顎骨の右側への著しい側方偏位を認める顎変形症です。下顎前突(反対咬合)と交叉咬合を有しており、外科的矯正治療を行って改善しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

顎骨が右側へ著しく側方偏位しており、咬み合わせは反対咬合(受け口)と交叉咬合となっており(咬み合っている部分が非常に少なく)咀嚼障害をみとめます。顔貌は下顔面が右側へシフトしており顔面がゆがんだ感じでした。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

術前矯正治療→口腔外科での下顎骨の移動手術(IVRO)→術後矯正治療を経て、良好な咬み合わせと顔のゆがみが直り、左右対称の自然な顔貌となりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG