ホーム » 症例検索 » 成長期に上顎骨の成長コントロールを行ったシビアな骨格性上顎前突症例

成長期に上顎骨の成長コントロールを行ったシビアな骨格性上顎前突症例

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

以前に症例検索にUpした患者さんの妹さんです。お姉様と同じ骨格性上顎前突(出っ歯)で、成長期にヘッドギアによる上顎骨の成長抑制治療が行えたことで良好な治療結果が得られました

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

12歳の骨格性上顎前突(出っ歯)症例で、成長途上の女児の患者さんです。オーバージェット(出っ歯度)が相当大きく、前歯で食べ物を咬み切ることができません。上唇の突出感も認められました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

A:ヘッドギアによる上顎骨の成長抑制治療とB:上顎小臼歯2本の抜歯にての前歯の後方移動により、良好な上下前歯の咬み合わせが得られました。A: B:のどちらがかけてもこのような治療結果は得られません。上唇の突出感も改善されより美しいお口元となりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG