ホーム » 症例検索 » リンガルブラケットにて治療を行った著しい叢生をともなう反対咬合症例

リンガルブラケットにて治療を行った著しい叢生をともなう反対咬合症例

  • 20代
  • 受け口(反対咬合)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 裏からの矯正

重度の叢生の改善と、前歯部反対咬合の改善のための下顎前歯の後方移動を行うために上下顎の小臼歯4本を抜歯し、リンガルブラケットを用いて矯正治療を行いました。4本抜歯を行いましたが治療終了後は咬み合っている面積(本数)は7~8本分増加しました。(咀嚼能率が向上しました。)

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上顎歯列に著しい叢生(ガタガタ)を認めます。下顎歯列は中程度の叢生を認め、前歯部は反対咬合(受け口)となっています

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

上下顎の小臼歯を抜歯し、リンガルブラケット(見えない矯正)にて歯列の整直を行い、前歯部の正常な咬み合わせが得られました。また下顎前歯の後方移動を行ったことで下唇の突出感も改善されました。小臼歯抜歯にて矯正治療を行いましたが、結果として咀嚼能力は向上しました。(面積比)

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG