ホーム » 症例検索 » 非抜歯にて治療を行った叢生症例

非抜歯にて治療を行った叢生症例

  • 9~13歳
  • 上下顎前突
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

ペンデユラムアプライアンスにて上顎第一大臼歯の遠心(後方)移動を行い、スペース不足を解消することにより小臼歯を非抜歯にて叢生の改善と咬合の確立を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上下顎歯列に叢生を認めます。全ての永久歯が萌え揃う前の段階でしたので、ペンデュラムアプライアンスにて上顎第一大臼歯の遠心(後方)移動を行って側方歯のためのスペース拡大を行いました。(BeforeⅢの写真)その後第二小臼歯の誘導・後方移動を行いました。(Before Ⅳの写真) これらは第二大臼歯が萌出前に行うことで確実な効果が得られます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

その後は第一小臼歯の遠心(後方)移動を行い(After Ⅲの写真)、最終的に犬歯をレベリング(整直)できました。(After Ⅳの写真)
その結果、非抜歯にて上下顎叢生(ガタガタの歯並び)を改善でき、上下全ての歯が噛み合う理想的な咬み合わせが得られました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG