ホーム » 症例検索 » 口唇口蓋裂に起因する反対咬合(受け口)の矯正治療

口唇口蓋裂に起因する反対咬合(受け口)の矯正治療

  • 6~8歳
  • 顎変形
  • 受け口(反対咬合)
  • 表からの矯正

口唇口蓋裂の患者さんの矯正治療は早期に上顎骨の成長コントロールを開始し、(上顎の歯並びは重度の叢生になることがとても多いので)スペースの増大を行い非抜歯にて歯並びをまとめることが重要です。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上顎骨の狭窄が原因となり前歯部の反対咬合と臼歯部の交叉咬合が認められ、今後萌えてくる側方歯部に相当の叢生(ガタガタの歯並び)がおきてくる状態です。上顎骨の骨欠損部に3本先天欠如歯があります。
矯正治療にあたり、骨移植や裂隙部のオペを行っていただく形成外科や口腔外科との連携が必須となります。BeforeⅢ、BeforeⅣの写真は治療中のものです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

上顎骨の側方拡大を行っての歯列の整直、上顎前方牽引装置による上顎骨の成長促進、成長発育終了時の顎骨離断オペ、先天欠如歯部への補綴処置などを行い治療終了しました。AfterⅢ、AfterⅣは治療中の写真です。
 なお、口唇口蓋裂の矯正治療は保険適応となります。また指定医療機関において、矯正治療を受ける場合のみ育成医療の対象となり、患者さんの治療費負担が軽減されます。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG