ホーム » 症例検索 » 長期にわたる上顎骨の成長コントロール治療の成果により、非抜歯にて治療を完了することができた骨格性上顎前突症

長期にわたる上顎骨の成長コントロール治療の成果により、非抜歯にて治療を完了することができた骨格性上顎前突症

  • 6~8歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 表からの矯正

骨格性上顎前突症は経年的に出っ歯の度合いが進行するのが特徴です。ヘッドギアによる上顎骨の成長抑制治療を早期に開始することが極めて重要です。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

8歳代の女児で上顎前歯の前突が著しく、前歯で食べ物を噛み切ることができません。口唇閉鎖も困難で 常に上下口唇の間から前歯が露出した状態です。診断では上顎骨の過成長が認められましたのでヘッドギアによる上顎骨成長コントロール治療を開始しました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

患者さんの良好な協力(ヘッドギア装着)の効果により、小臼歯非抜歯にて正常な前歯部の咬み合わせが得られました。リップラインもバランスよく改善されました。治療期間は約6年でした。(骨格のズレが原因となる不正咬合の矯正治療は成長終了まで治療期間がかかる場合があります。)

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG