ホーム » 症例検索 » 早期治療により非抜歯にて治療が完了した叢生(ガタガタの歯並び)治療例

早期治療により非抜歯にて治療が完了した叢生(ガタガタの歯並び)治療例

  • 6~8歳
  • 受け口(反対咬合)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

8歳の男児で、下顎永久歯前歯4本が叢生となり、上顎側切歯(前から2番目の歯)も叢生となるのは明らかでした。また前歯部の咬み合わせは反対咬合う(受け口)です。叢生の原因であるスペース不足を早期に改善していくことで非抜歯にて治療を終了できました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

下顎前歯は4本永久歯が萌えそろって叢生となっています。上顎前歯は2本のみ萌えてきており、 レントゲン所見では2番目の永久歯もスペース不足により内側にはみだして萌えてくることは明らかです。前歯部の咬み合わせは受け口(反対咬合)となっています。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

前歯部の反対咬合はActive Plateにて上顎前歯の前方移動を行って改善しました。(下段AfterⅢの写真)
その後全ての永久歯が萌えそろうまでの期間に大臼歯の後方移動を行ってさらに側方部のスペース増大を行いました。(下段AfterⅣの写真)
 このような早期治療を長期に渡り確実に行うことで、非抜歯にて第2大臼歯(12歳臼歯)を含むすべての歯列の整直と正常な咬み合わせが獲得できました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG