ホーム » 症例検索 » 非抜歯・エナメルストリッピング法にて矯正治療を行った成人の叢生治療例

非抜歯・エナメルストリッピング法にて矯正治療を行った成人の叢生治療例

  • 30代
  • 上下顎前突
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 裏からの矯正

上下顎歯列に叢生を認め、上顎前歯の前突があるケースです。エナメルストリッピング法を行い非抜歯にてリンガルブラケット(裏側からの見えない矯正)を使用して治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

下顎前歯1本が先天欠如しており、上下顎歯列に叢生を認めました。上顎前歯は若干前突傾向にあり上下前歯は咬み合っていませんでした。上顎の数カ所の歯の側面を0.25mm~0.3mm程度削ること(エナメルストリッピング:IPR法)でスペースを設け、叢生の改善と若干の前歯部の後方移動を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

上下顎の歯列は整ったきれいな状態になりました。上顎前歯は前突を改善し後退させることができ、適切な前歯部の咬み合わせとなりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG