ホーム » 症例検索 » 成長期の上顎前突(出っ歯)症例。

成長期の上顎前突(出っ歯)症例。

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 隙っ歯
  • 表からの矯正

骨格性の上顎前突症の患者さんです。ヘッドギアによる上顎骨の成長抑制治療とⅡ級メカニクスを用い、非抜歯にて良好な咬み合わせへと治療ができました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

12歳4か月の女児です。上顎歯列前歯部の前突にて同部にスペースを認めます。Over jet (出っ歯度)は10mmと重度の上顎前突で、前歯で食べ物を咬み切ることが困難な状態でした。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

治療開始後2年間ヘッドギアによる上顎骨の成長抑制治療を行えました。その後は身長の伸びがストップ(成長発育が終了)したためヘッドギアの使用を終了してⅡ級ゴムによる治療を継続しました。その結果、前歯部のスペースは閉鎖され、良好な前歯部の咬み合わせが得られました。
ヘッドギアによる上顎骨の成長抑制治療なしではこのような治療結果は実現できません。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG