ホーム » 症例検索 » 多数歯欠損をともなう口唇口蓋裂に起因する反対咬合の治療例。

多数歯欠損をともなう口唇口蓋裂に起因する反対咬合の治療例。

  • 40代
  • 受け口(反対咬合)
  • 隙っ歯
  • 表からの矯正

総合病院の歯科口腔外科からの紹介で来院された47歳の女性の患者さんです。口唇口蓋裂が原因で前歯部受け口(反対咬合)を治療されずに過ごされておられました。多数歯欠損をともなっていますが(不正咬合のために)適切な補綴処置ができない状態でした。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

前歯部の反対咬合と過蓋咬合(深い咬み合わせ)、上下正中線のズレ、空隙歯列などの問題がありました。過蓋咬合のため臼歯部の咬合高径が不足し、一般歯科にて欠損部の補綴処置ができない状態で、たいへん不自由されておられたとのことです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

矯正治療により前歯部の反対咬合の改善、過蓋咬合の改善と可能な限りのスペースの閉鎖・正中線の一致を行いました。動的治療期間は19カ月でした。
 矯正治療後は一般歯科にてブリッジの再作成と部分入れ歯を装着していただき、欠損部の補綴・機能回復ができました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG