ホーム » 症例検索 » 成長期のお子様の骨格性反対咬合(受け口)の治療例。

成長期のお子様の骨格性反対咬合(受け口)の治療例。

  • 9~13歳
  • 受け口(反対咬合)
  • その他
  • 表からの矯正

11歳 : 女児の患者さんで重度の骨格性反対咬合(上下顎骨の前後的な位置不正が原因)です。成長発育とともに上下顎骨の位置不正が進行し反対咬合が悪化するのが特徴ですので早期に矯正治療を開始するのが望ましいです。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

セファロ分析ではANB-6.7°と上下顎骨の位置不正が著しく認められ、前歯部ならびに側方歯部をも含めて反対咬合(受け口)となっています(BeforeⅠ〜BeforeⅢの写真)。
側方からの口唇も受け口特有のリップラインとなっています(BeforeⅣの写真)。
 上顎前歯部の前方移動により矯正治療を開始し、一旦は正常な咬み合わせになりますが、その後下顎骨優位の成長が続きますのでまた反対咬合になってしまいます。(これが骨格性反対咬合の特徴です。)

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

上顎前歯部の前方移動→上顎骨の成長促進治療→Ⅲ級メカニクス→下顎前歯部の後方移動 により良好な治療結果を得られました。正常な咬み合わせが得られ(AfterⅠ〜AfterⅢの写真)、口唇の側貌もノーマルなリップラインとなりました(AfterⅣの写真)。
治療期間は成長発育の終了した16歳まで5年間かかりました。
※ 骨格の位置不正が原因となっている不正咬合の場合、長期間の治療を要することが多いです。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG