ホーム » 症例検索 » 4本の先天欠如歯を認める過蓋咬合症例。

4本の先天欠如歯を認める過蓋咬合症例。

  • 9~13歳
  • 隙っ歯
  • その他
  • 表からの矯正

上下顎歯列に合計4本の永久歯先天欠如を認め、前歯部は過蓋咬合となっていました。先天欠如歯部のスペースをすべて閉鎖することで先天欠如部の補綴(人工の歯を取り付ける治療)を行う必要がなくなりました。前歯部の過蓋咬合も改善されました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

一般歯科からの紹介にて来院された9歳5カ月の女児の患者さんです。
 上顎歯列に2本、下顎歯列に2本の永久歯先天欠如歯があり上下顎歯列とも空隙歯列(隙っ歯)となっています。前歯部は過蓋咬合となっています。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

永久歯の先天欠如歯が認められる場合、矯正治療において(咬み合わせ上において)可能であれば欠如部のスペース閉鎖を行います。
 本症例において上下左右対称に欠如が認められたことなどから、色々な工夫をして全ての欠如部のスペース閉鎖を行いました。具体的には上下前歯部のリトラクション、犬歯・小臼歯の歯冠形態修正等を行いました。
 矯正治療終了後には全ての欠如部のスペースが閉鎖され前歯部も適正な咬み合わせとなりました。結果として欠如部の補綴処置(人工の歯を取り付ける治療)は不要となりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG