ホーム » 症例検索 » 側方歯部に開咬をともなう反対咬合(受け口)症例。

側方歯部に開咬をともなう反対咬合(受け口)症例。

  • 14~19歳
  • 受け口(反対咬合)
  • 開咬
  • 表からの矯正

14歳男児の患者さんで骨格性の反対咬合症例(上下顎骨の前後的な位置不正が原因)です。
側方歯部の開咬、上下顎の正中線のズレをともなう複雑なケースです。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

ANB-4.2°と上下顎骨の前後的な位置不正が原因となっている骨格性反対咬合ケースです。下顎骨の左側への変位も認め、上下顎歯列の正中線もズレています。側方歯部においては開咬を呈し咀嚼障害が認められます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

下顎前歯の後方移動、Class Ⅲメカニクスを用いて咬合平面の変化を行い前歯部反対咬合の改善を行いました。側方歯部の開咬についてはUp & Down エラスティックを用いて治療を行いました。
 その結果、すべての部位において正常で機能的な咬み合わせが得られました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG