ホーム » 症例検索 » 顎変形症に起因する開咬症の治療例。

顎変形症に起因する開咬症の治療例。

  • 14~19歳
  • 顎変形
  • 開咬
  • 表からの矯正

14歳の女児の患者さんで、上下顎骨の垂直的な位置不正(顎変形)が原因となった開咬症です。外科的矯正治療にて治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)を認め、下顎骨の変形(後下方への回転)により開咬となっています。上下顎歯列において合計4本の奥歯しか咬み合っておらず著しい咀嚼障害を認め、発音障害もありました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

術前矯正治療を終了後、口腔外科での下顎の骨の移動手術(左右側IVRO)→術後矯正治療を経て全ての歯が正常に咬み合う機能的な咀嚼が可能となり、発音障害も改善されました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG