ホーム » 症例検索 » 矯正用インプラントアンカー(ミニスクリュー)を利用して治療を行った骨格性上顎前突症例。

矯正用インプラントアンカー(ミニスクリュー)を利用して治療を行った骨格性上顎前突症例。

  • 20代
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

シビアな骨格性上顎前突症例で、上顎の小臼歯抜歯スペースを最大限利用して上顎前歯を後方移動する必要のあるケースでした。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

27歳女性の患者さんで上下顎前歯部に叢生(ガタガタの歯並び)を認め、Over jet (出っ歯の度合い)は13mmと重度の上顎前突でした。
前歯で食べ物をかみ切ることは困難で、患者さんは上口唇の突出感も気にしておられました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

左右の上顎小臼歯を2本抜歯を行い、その抜歯スペースを利用して上顎前歯の後方移動を行うという治療です。抜歯スペースは7~8mmでので最大限の固定にて前歯の後方移動を行う必要があり、矯正用インプラントアンカー(ミニスクリュー)を利用して上顎歯列の後方傾斜移動をも行いました。
 ミニスクリューを利用した矯正治療を行ったことで上顎前歯の理想的な後方移動が実現し、結果として機能的な前歯部の咬み合わせが得られ、上口唇の突出感も改善されました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG