ホーム » 症例検索 » 早期治療により永久歯を抜かずに完了した叢生症例

早期治療により永久歯を抜かずに完了した叢生症例

  • 9~13歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 11歳女児の患者さんで、乳歯から永久歯への交換途上のステージでした。小臼歯を抜かずに(非抜歯)叢生を改善していくために、①上顎歯列の側方拡大(Expansion plateにて)、②第1大臼歯の後方移動 を行いました。治療の後半ではマルチブラケット装置により個々の歯の移動を3次元的に行います。
 永久歯への交換期を利用して適切な方法によりスペース増大を行うことにより、マルチブラケット装置にて歯列の整列と機能的な咬み合わせを得ることができるのです。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

BoforeⅠ、BoforeⅡの写真:治療前の叢生の状態です。
BeroreⅢ、BeforeⅣの写真:上顎歯列の側方拡大と上顎前歯の部分的製直をおこなっているところです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

AfterⅠ、AfterⅡの写真:早期治療によりスペース不足の解消が実現でき、非抜歯にて整ったきれいな歯並びと機能的な咬み合わせが得られました。AfterⅢ、AfterⅣ:マルチブラケット装置にて治療中の写真です。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG