ホーム » 症例検索 » 成長発育期の開咬症例。

成長発育期の開咬症例。

  • 9~13歳
  • 開咬
  • 表からの矯正

 9歳のお子さんで、広範囲にわたる開咬症例です。舌癖が開咬の大きな原因の一つになっており、MFT(舌癖のコントロール)を行いながら矯正治療を行い、非抜歯にて治療が完了しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 混合歯列期の開咬症例です。前歯部から側方歯部にかけて広範囲に上下の歯がまったく咬み合っていません。著しい咀嚼障害(食べ物をかみ切ることができません)と、発音障害も認められました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 開咬の大きな原因となっていた舌癖(舌を置いておくポジションが悪い〜舌で自分の前歯を押す力が頻繁にかかる 等)の改善を、MFT(舌癖のコントロール)を実施しながら治療を行いました。Up & Down elasticsの効果もでて、適切な咬み合わせを(非抜歯にて)得ることができました。咀嚼障害、発音障害も改善されました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG