ホーム » 症例検索 » 下顎臼歯部に欠損歯を有する前歯部反対咬合症例。

下顎臼歯部に欠損歯を有する前歯部反対咬合症例。

  • 50〜60代以上
  • 受け口(反対咬合)
  • その他
  • 表からの矯正

 59歳の女性の患者さんです。これまでずっと反対咬合(受け口)の状態で過ごしておられ、(ご自身の反対咬合の)治療は無理だと言われてあきらめていたとのことでした。歯周組織の問題がなければ年齢によらず矯正治療は可能です。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 前歯部は全て反対咬合(受け口)で、下顎臼歯部に欠損があることから徐々に過蓋咬合になってきたと考えられます。左側下顎臼歯部の欠損部位は対合歯との間に全くクリアランスがないために、紹介の一般歯科では補綴処置(人工的に歯をとりつける処置)ができない状態でした。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 1年5カ月の動的処置の後、適正で機能的な前歯部の咬み合わせを得ることができ、より美しいリップラインとなりました。また左側下顎臼歯部においては咬合高径を確保したことにより、欠損部の補綴処置も実施していただくことができました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG