ホーム » 症例検索 » 成長期の骨格性上顎前突(出っ歯)の治療例。(非抜歯)

成長期の骨格性上顎前突(出っ歯)の治療例。(非抜歯)

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 表からの矯正

 9歳の女児の患者さんです。上下顎骨の前後的な不調和に起因する上顎前突ケースです。
成長発育の旺盛な時期にヘッドギアによる矯正治療を行ったことで非抜歯にて良好な治療結果を得ることができました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 前歯部の著しいOver jet (出っ歯の度合い)が認められます。前歯ではほとんど食べ物をかみ切ることができない状態です。
セファロ分析の結果、上下顎骨の前後的な不調和があり、上顎骨の成長抑制のためのヘッドギアを長期にわたり使用しました。
 Before Ⅳのイラストはハイプルタイプのヘッドギアです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 ヘッドギアを長期にわたりまじめに使用していただけたことで小臼歯を抜かずに良好な前歯部の咬み合わせを得ることができました。(動的処置終了時は15歳)  リップラインも後退して より審美的な側貌となりました。
  骨格性の上顎前突症例において、成長期にヘッドギアによる上顎骨の成長コントロールを行うことにて少なくとも上顎前突の度合いを悪化させない必要があります。中長期的にヘッドギアをまじめに使用していただくことで本症例のように上顎前突の度合いを完全に解消できる場合もあります。
  After Ⅳのイラストはサービカルプルタイプのヘッドギアです。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG