ホーム » 症例検索 » 小臼歯抜歯にて治療を行った重度の叢生(ガタガタの歯並び)症例。

小臼歯抜歯にて治療を行った重度の叢生(ガタガタの歯並び)症例。

  • 14~19歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

15歳女児の患者さんです。すべての永久歯が完全に萌えそろった時期に当院を受診されました。上下歯列に重度の叢生を認めました。診断の結果、小臼歯を抜いて得られるスペースを利用して矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

上下歯列ともに重度の叢生が認められました。 左上の犬歯は完全に歯列からはみだしており、全体で7本ほど咬合していない歯がありました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

診断の結果、全ての永久歯が萌えかわっていること、成長発育も終了している年齢であること、叢生量が重度であることより上下顎列の小臼歯4本(上顎:2本、下顎2本)を抜歯して矯正治療を行いました。
 その結果、上下ともに整った歯並びになり、全ての上下の歯がもれなく正常に咬み合う状態が得られました。動的治療期間は2年間でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG