ホーム » 症例検索 » 下顎歯列に先天欠如歯1本を認める骨格性上顎前突症例

下顎歯列に先天欠如歯1本を認める骨格性上顎前突症例

  • 20代
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 表からの矯正

28歳の女性の患者さんです。上顎前歯の著しい突出を認める上顎前突(出っ歯)で、上顎小臼歯抜歯にて改善を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎前歯の著しい突出を認める上顎前突(出っ歯)です。
前歯部で食べ物を咬み切ることが困難で、口唇閉鎖も困難、リップラインも前突感がありました。下顎前歯部には1本先天欠如が認められました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎前歯を最大限後方移動するために、上顎歯列の左右第一小臼歯2本を抜歯して矯正治療を行いました。その結果、上顎前歯の後方移動が実現され適切な前歯部の咬み合わせとなりました。口唇閉鎖も自然に行えるようになり、オトガイ部の緊張もなくなりました。側貌におけるリップラインも後退しより美しいお口元となりました。
 動的治療期間は23カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG