ホーム » 症例検索 » 顎変形症〜外科的矯正治療〜

顎変形症〜外科的矯正治療〜

  • 14~19歳
  • 顎変形
  • 受け口(反対咬合)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 15歳の骨格生下顎前突症の患者さんで、外科的矯正治療の適応症でした。矯正治療により咬み合わせのみならず調和のとれた美しい下顔面(下アゴ)を得ることができました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)を認め、前歯部はすべて反対咬合となっています。
 BeforeⅣの写真(イラスト)は下顎骨の後方移動手術を行った場合の、術前後の下顔面の変化を表したものです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 術前矯正治療を終了した後、口腔外科での下顎骨の後方移動手術(IVRO)を行い、正常な咬み合わせとなりました。顔面の側貌改善も達成されました。
After Ⅳは術前・術後の顔面側貌の変化です。(左側がオペ前、右側がオペ後)

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG