ホーム » 症例検索 » 非抜歯で治療を行った成長期の反対咬合(受け口)症例。

非抜歯で治療を行った成長期の反対咬合(受け口)症例。

  • 9~13歳
  • 受け口(反対咬合)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 11歳:男児の患者さんで、骨格性反対咬合です。骨格性反対咬合は、発育が進むとともに反対咬合の範囲と度合いが悪化するのが特徴です。早期に矯正治療を開始することが重要です。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 セファロ分析でANB 角はマイナスの値を示し(下顎骨の前方変異)、上顎歯列は重度の叢生(ガタガタの歯並び)が認められました。前歯部は左上中切歯をのぞいて反対咬合(受け口)の状態でした。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎前歯の前方移動→上顎歯列においてのスペースの増大→上顎歯列の非抜歯での整直→咬合平面の変化 により、整ったキレイな歯並びと機能的な咬み合わせが得られました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG