ホーム » 症例検索 » 上下顎歯列に重度の叢生を認める成人男性症例

上下顎歯列に重度の叢生を認める成人男性症例

  • 20代
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 20歳代前半の男性の患者さんです。重度の叢生の改善のために、上下顎歯列の第一小臼歯を抜歯して矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列に著しい叢生(ガタガタの歯並び)を認めます。
特に犬歯は外側へ完全にはみ出し、対合歯と全く咬み合っていません。
ブラッシンングも行き届かず、広範囲に歯肉炎が認められカリエスとなっている歯もみられます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 第一小臼歯4本抜歯による矯正治療を行い、上下顎の歯列はパーフェクトに整い、全ての上下の歯が正常に咬み合う状態となりました。整った歯並びにてブラッシングもし易い状況になり、歯肉炎も改善されてきています。
動的処置期間は23カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG