ホーム » 症例検索 » 成長発育期の開咬症例。

成長発育期の開咬症例。

  • 6~8歳
  • 開咬
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

8歳:女児の患者さんです。前歯部の開咬を主訴として来院されました。開咬の原因となっている悪習癖を早期に改善できたため良好な治療結果につながりました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下前歯は永久歯に生え変わっている状態ですが、全く咬み合っていません。前歯で食べ物を咬み切ることが困難(咀嚼障害)で、発音障害も認められました。上顎歯列はスペース不足による叢生も認められました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

ディスクレパンシー(スペース不足)の解消を行い、非抜歯にて歯列の整直を行いました。開咬に対しては原因となっていた「舌の突出癖」をコントロールし、Up & Down elasticsを使用して治療を行いました。その結果、上下顎歯列ともに整った歯並びが得られ、前歯部は正常な咬み合わせとなり、咀嚼障害・発音障害ともに改善されました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG