ホーム » 症例検索 » 顎変形症〜外科的矯正治療例〜(下顎骨の側方変位による交叉咬合)

顎変形症〜外科的矯正治療例〜(下顎骨の側方変位による交叉咬合)

  • 14~19歳
  • 顎変形
  • 交叉咬合
  • 表からの矯正

17歳の女性の患者さんで、下顎骨の側方変位を認めるケースで外科的矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 セファロ分析では下顎骨の左側への変位を大きく認めました。
左側臼歯部の交叉咬合、前歯部の反対咬合を認めました。
顔面の正貌も上顔面の正中に対して下顔面の正中は大きく左側へ変位していました。
Before Ⅳは顔面正中のズレをアニメーションで示したものです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 術前矯正治療終了後、口腔外科にて下顎骨の移動手術(SSRO)を行い、正常な咬み合わせとなりました。願貌も下顔面のゆがみも治り、左右対称性のある自然な正貌となりました。
After Ⅳは下顎骨の移動手術のイメージです。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG