ホーム » 症例検索 » 小臼歯4本抜歯にて矯正治療を行った重度の叢生(ガタガタの歯並び)症例。

小臼歯4本抜歯にて矯正治療を行った重度の叢生(ガタガタの歯並び)症例。

  • 14~19歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 15歳の男性患者さんです。前歯部の前突を避けるために小臼歯抜歯による矯正治療を行いました。〜永久歯列が完成した段階で不用意に非抜歯にて治療を行うと前歯が(叢生の量だけ)前方に突き出てしまうので細心の注意が必要です。〜

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列に重度の叢生、下顎歯列に中程度の叢生を認めます。上下前歯の突出度は問題なく良好で、口唇の突出感もありませんでしたので診断のもとにこれらを維持するため小臼歯抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 矯正治療後は上下顎歯列は完全に整った歯並びになり、すべての上下の歯が正常に咬み合う状態となりました。前歯部の前突や口唇の突出も起こることなく審美性も保たれました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG