ホーム » 症例検索 » 叢生をともなう重度の骨格性上顎前突症

叢生をともなう重度の骨格性上顎前突症

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 9歳の女児の患者さんです。上下顎歯列に叢生を認め、上下顎骨の前後的不調和(ズレ)が原因となった骨格性上顎前突の症例で、早期に治療を開始したことにより双方の問題を非抜歯にて改善できました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列にスペース不足による叢生を認めました。
セファロ分析において ANB:8.1°と上下顎骨の前後的なズレが原因となり前歯部、臼歯部ともに上顎前突の咬み合わせとなっています。また前歯部は過蓋咬合を呈し、下顎前歯が上顎前歯後方の歯肉に食い込んでいます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 早期に矯正治療を開始していったことにより、叢生に対してはDiscrepancyの解消(スペース増大)治療を行うことができました。また骨格性上顎前突に対しては成長発育期にヘッドギアによる上顎骨の成長コントロール治療を十分に行えました。
 その結果、小臼歯を抜かずに 整った上下顎のキレイな歯並びとなりました。同様に非抜歯にて重度の上顎前突も改善され、正常な咬み合わせとなりました。
過蓋咬合も改善されました。
 動的処置(歯を動かす矯正治療)期間は約5年間でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG