ホーム » 症例検索 » 歯周病(歯肉炎)を認める叢生症例

歯周病(歯肉炎)を認める叢生症例

  • 14~19歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 19歳男性の患者さんです。上下顎歯列に叢生を認め、ブラッシング不良により歯肉炎となっていました。毎月の来院時にはブラッシンング指導を丁寧に行いながら矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列の前歯部に叢生を認めます。上顎前歯部は前突しており上下前歯は咬み合っていません。叢生のためブラッシングが行き届いていないことが原因となり歯肉炎となっています。歯石も沈着しておりブラッシングのしやすい環境作りが必要な状態です。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 精密検査の結果、上下顎小臼歯の抜歯による矯正治療が適応として治療を行いました。その結果、上下顎歯列ともに整った歯並びとなりました。ブラッシングも非常にやり易い状態となり、歯肉炎も改善されました。突出した上顎前歯部も改善されすべての歯が咬み合う正常な咬み合わせとなりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG