ホーム » 症例検索 » ペンンデュラムアプライアンスを用い、非抜歯にて矯正治療を行った埋伏歯をともなう叢生症例

ペンンデュラムアプライアンスを用い、非抜歯にて矯正治療を行った埋伏歯をともなう叢生症例

  • 9~13歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 埋伏歯
  • 表からの矯正

 12歳男児の患者さんです。ペンデュラムアプライアンスを使用し、上顎第1大臼歯の後方移動を行い、非抜歯にて安定した咬合を得ることができました。埋伏犬歯の開窓・牽引治療も行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列に著しい叢生(ガタガタの歯並び)を認めました。下顎左側の犬歯は埋伏していました。
 上顎左右の第2大臼歯が未萌出だったため、ペンデュラムアプライアンスを使用し上顎第1大臼歯の後方移動を行い、引き続き上顎第2小臼歯の後方移動→上顎第1小臼歯の後方移動→上顎犬歯の整直を行いました。
 埋伏していた下顎左側犬歯についてはスペース拡大後に口腔外科にて同部の歯肉窓開(切開)手術を行っていただき、その後牽引(誘導)治療を行いました。
 Before Ⅲの写真はペンデュラムアプライアンス装着時、Before Ⅳの写真は上顎第1大臼歯の後方移動終了時の写真です。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 叢生に対しては永久歯が完全に萌えそろう前に矯正治療をスタートできたため、大臼歯の後方移動が達成でき、非抜歯にて矯正治療が終了できました。埋伏歯に対しては口腔外科医との連携治療により正常な位置へ誘導することができました。
  After Ⅲの写真は下顎埋伏犬歯の歯肉開窓処置直前、After Ⅳの写真は埋伏犬歯の歯肉開窓処置中の写真です。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG