ホーム » 症例検索 » 叢生をともなう上顎前突症例

叢生をともなう上顎前突症例

  • 14~19歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 14歳女児の患者さんです。骨格性上顎前突症で上下顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)をも認めました。上顎第1小臼歯を抜歯して矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎骨の前後的不調和に起因する上顎前突症例で、成長発育終了までの間、ヘッドギアを装着していただいて上顎骨の成長コントロールを行いました。前歯部のOver jet (出っ歯度)は約10mmと重度であり、前歯で食べのもをかみ切ることができない状態でした。安静位において口唇を閉鎖するのも困難な状態でした。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎第1小臼歯を抜歯して治療を行いました。その結果 上顎前歯の後方移動が行われ、適切な前歯部の咬み合わせとなりました。上下顎歯列の叢生も改善されました。口唇の閉鎖不全も解消され、自然なお口元となりました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG