ホーム » 症例検索 » 舌癖のコントロールを行い非抜歯にて矯正治療を行った開咬症例

舌癖のコントロールを行い非抜歯にて矯正治療を行った開咬症例

  • 14~19歳
  • 開咬
  • 表からの矯正

 16歳の女性の患者さんです。小臼歯部から前歯部にかけての広い範囲の開咬を、(開咬の原因である舌突出癖の改善を行いながら)非抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列にわずかな叢生(ガタガタの歯並び)を認め、前歯部から小臼歯部まで広い範囲で開咬となっています。前歯部で食べものをかみ切ることがほどんどできない状態で、著しい咀嚼障害を認めます。発音障害もありました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 開咬の大きな原因である舌突出癖の改善のためにMFT訓練を行いました。歯の移動のためにUp & Down エラスティックスを使用しました。その結果、全ての歯が正常に咬み合う状態となり、咀嚼障害・発音障害が改善されました。
(Before Ⅳは前歯部にUp &Downエラスティックスを装着している状態です。After Ⅳは犬歯部にUp & Downエラスティックスを装着している状態です。いずれも患者さん自身で簡単に装脱着ができるものです。)

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG