ホーム » 症例検索 » 小臼歯抜歯にて治療を行った叢生症例

小臼歯抜歯にて治療を行った叢生症例

  • 30代
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

重度の叢生(ガタガタの歯並び)をオーソドックスに小臼歯抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列の前歯部に重度の叢生(ガタガタの歯並び)を認めます。原因は、歯の大きさ(幅)が大きく、その割に土台である顎の骨の大きさが狭いからです。叢生の影響で部分的に反対咬合(受け口)になっているところや、上下の歯がまったく咬みあってないところが数カ所認められます。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 診断の結果、上下顎第1小臼歯を抜歯して矯正治療を行ないました。
 その結果、パーフェクトに整った上下顎の歯並びが得られました。またすべての上下顎の歯が正常に咬み合う状態となりました。〜小臼歯を4本抜歯しましたが、咬み合っている歯の本数は治療前より治療後の方が約3本分増加し、咀嚼機能が向上しました。〜

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG