ホーム » 症例検索 » 埋伏歯をともなう顎変形症(下顎前突症)

埋伏歯をともなう顎変形症(下顎前突症)

  • 14~19歳
  • 顎変形
  • 受け口(反対咬合)
  • 埋伏歯
  • 表からの矯正

 下顎骨の過成長による(下顎前突症)顎変形症で、外科的矯正治療を行いました。左側上顎犬歯の埋伏も認められましたが、開窓・牽引治療を行ない正常な位置へ移動しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 下顎骨の過成長により前歯部から小臼歯までの広い範囲で反対咬合(受け口)となっています。左側上顎犬歯は埋伏しており上顎歯列は空隙歯列(隙っ歯)となっています。 顎骨のズレが大きいため外科的矯正治療の適応症となりました。
 Before Ⅳの写真は下顎骨の後方移動手術のイメージです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 埋伏している左側上顎犬歯についてはスペース確保を行ったのち、歯肉の切開(開窓処置)を実施し、正常な位置へ誘導しました。
 術前矯正治療終了後、口腔外科にて下顎骨の後方移動手術(SSRO)を行ないました。機能的で正常な咬み合わせになり、審美的には下顔面の側貌が著しく改善されました。
 After Ⅳの写真は術前・術後の顔面(側貌)の変化のイメージを示しています。

〜費用について〜   
 顎変形症の術前・術後の矯正治療ならびに口腔外科での顎離断手術は、顎口腔機能診断施設の認可を受けている医療機関で治療を行う場合のみ、健康保険適用となります。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG