ホーム » 症例検索 » 下顎前突傾向をともなう開咬症例

下顎前突傾向をともなう開咬症例

  • 9~13歳
  • 開咬
  • 表からの矯正

 12歳代の女児の患者さんです。以前より受け口(反対咬合)の傾向があったようですが前歯部開咬の症状が進んできたとのことで一般歯科の先生からのご紹介で来院されました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 右側第一小臼歯から左側第一小臼歯まで広範囲が開咬となっていました。著しい咀嚼障害と発音障害を認めました。
 下唇を咬む癖と上下の前歯の間に舌の先端をはさみ込む癖(舌突出癖)が明らかに認められました。〜本人とご家族の悪習癖に対しての認識もありました。〜

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 開咬の原因となっている舌癖を除去するためのトレーニング(MFT)を積極的に行いました。また骨格的に下顎前突の傾向があったためFMA(上顎前方牽引装置)を使用して上顎骨の成長促進治療を行いました。またUp & Down エラステックスを装着して開咬の治療をおこないました。
 その結界、良好な前歯部の正常な咬み合わせを得ることができました。また咀嚼障害、発音障害ともに改善されました。
 動的処置期間2年3ヵ月

治療費用

約90万円

矯正治療には一般的に次のようなリスクがあります。

  • 患者さんによる適切なブラッシングが行われなかった場合に虫歯ができることがあります。
  • ブラケット(装置)が粘膜を過度に刺激した場合、口内炎が起こることがあります。
  • 歯の初期移動の際に痛みを感じる場合があります。(通常数日で治ります)
  • 長期間の歯の移動により極めて希に歯根吸収が起こることがあります。
  • 矯正用の取り外し式ゴムを指示通り使用しなかったり、口腔の悪習癖が改善されない場合、計画している歯の動きが得られないことがあります。
  • 歯の裏側にブラケットを装着して治療を行う場合、装着後一定期間発音障害がおこることがあります。
まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG