ホーム » 症例検索 » 重篤な骨格性上顎前突症の治療例。

重篤な骨格性上顎前突症の治療例。

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 隙っ歯
  • 表からの矯正

 12歳の女児の患者さんです。重篤な骨格性の上顎前突症で過蓋咬合をともなっています。成長発育期を利用し、長期にわたりヘッドギアによる上顎骨の成長コントロール治療を積極的に行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎骨の前後的不調和が原因となっている骨格性の上顎前突症で前歯部の過蓋咬合(咬み合わせが深い)をともなっています。
 Over jet(出っ歯度)が約12mmあり、著しい咀嚼障害を認めます。上顎前歯部にはスペースも認められます。

 高校生以降の年齢でこの状態であれば、外科的矯正治療を視野にいれなければならないほど重篤な上顎前突症ですが、成長発育途上の年齢でしたのでヘッドギアによる上顎骨の成長抑制治療を開始しました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 約4年間ヘッドギアを装着していただいた効果と、上顎前歯部の後方移動により著しく上顎前突が改善されました。外科的矯正治療は回避でき、また上顎第一小臼歯の抜歯を行うことなくOver jetの減少が達成されました。
 治療の後半において左側に矯正用インプラントアンカーを利用することができれば左側側方歯部の咬合をより良くすることができたでしょう。
 骨格の位置不正が原因となっている不正咬合の矯正治療は早期開始が望ましいです。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG