ホーム » 症例検索 » 交叉咬合をともなう叢生症例。

交叉咬合をともなう叢生症例。

  • 10代
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 交叉咬合
  • 表からの矯正

19歳女性の患者さんです。上下顎歯列に叢生を認め、上顎前歯前突、左右側の上下顎第2大臼歯がともにすれ違い咬合(交叉咬合)になっているシビアな症例を小臼歯の抜歯を行って治療しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列に叢生(ガタガの歯並び)を有し、上顎前歯は前突しており口唇の突出感をも認めます。左右側の上下顎第2大臼歯がすれ違い(交叉咬合)となっています。〜すれ違い咬合の矯正治療は難易度が高い内容となります。〜
  交叉咬合の改善のために大臼歯部にエラスティックスを装着していただき、その後に小臼歯の抜歯を行って矯正治療を進めました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 その結果、上下顎の歯並びは完全に整直され、左右側第2大臼歯部の交叉咬合も正常な咬み合わせになりました。
 上顎前歯の後方移動を行った結果、口唇の突出感も改善されてより美しいお口元となられました。

 〜After Ⅳの写真は大臼歯部の交叉咬合を改善させるためのエラスティックス(患者さん自身で簡単に取り外しのできる輪ゴム)です。〜

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG