ホーム » 症例検索 » 非抜歯にて治療を行った叢生をともなう反対咬合症例

非抜歯にて治療を行った叢生をともなう反対咬合症例

  • 14~19歳
  • 受け口(反対咬合)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 16歳の男性の患者さんです。上顎の歯並びにおいて重度の叢生(ガタガタの歯並び)が認められる 前歯部の反対咬合の症例に対して、小臼歯を非抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列において重度の叢生(ガタガタの歯並び)を認め、前歯部は反対咬合となっていました。セファロ分析において前歯の突出度が大きくなかったため小臼歯非抜歯にて治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 上顎前歯の唇側移動と咬合平面の変化(Ⅲ級メカニクス)による矯正治療を行い良好な治療結果が得られました。
 上顎の歯列は整列され、前歯部の咬み合わせは機能的で正常な状態となりました。動的治療期間(歯を動かす治療期間)は27カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG