ホーム » 症例検索 » 外傷による前歯部の歯根吸収を認め、骨癒着が疑われた叢生(ガタガタの歯並び)をともなう上顎前突症例。

外傷による前歯部の歯根吸収を認め、骨癒着が疑われた叢生(ガタガタの歯並び)をともなう上顎前突症例。

  • 20代
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • その他
  • 表からの矯正

 28歳女性の患者さんです。小学生時の打撲により上顎前歯部に歯根吸収が認めら、骨癒着の心配もありましたが良好な歯の移動が実現されました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)が認められます。上顎前歯の前突により上下顎の前歯は全く咬み合っておらず咀嚼障害を認めます。
 小学生時の前歯部打撲により、上顎前歯は若干歯根吸収が認められ骨癒着も疑われました。
 上顎小臼歯2本の抜歯による治療計画を立案しました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 右側上顎中切歯の骨癒着が疑われたため、右側上顎小臼歯の抜歯の時期は(骨癒着していない事を確認するまで)延期して注意深く矯正治療を行いました。
 その結果、骨癒着はなく良好な上顎前歯の移動が実現され、整った歯並びとなり上顎前突も改善されました。
  動的処置期間は24カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG