ホーム » 症例検索 » 非抜歯にて矯正治療を行った叢生(ガタガタの歯並び)症例。

非抜歯にて矯正治療を行った叢生(ガタガタの歯並び)症例。

  • 9~13歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 12歳の男児の患者さんです。叢生量(ガタガタの量)は中程度認められましたが、前歯部の前突があまり認められなかったことなどにより小臼歯を抜かずに矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列に中程度の叢生を認め、側切歯部は左右側ともに反対咬合になっています。下顎歯列には叢生は認められませんでした。
 診断項目は多数ありますが、上下顎前歯部の前突感がなかったことなどにより、小臼歯を抜かずに矯正治療可能と診断しました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 IPR(エナメルストリッピング)を行い、小臼歯非抜歯にて矯正治療を行いました。その結果、上下顎歯列ともに整った歯並びとなり、すべての部位で正常な咬み合わせ得ることができました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG