ホーム » 症例検索 » 先天欠如歯をともなう成長期の上顎前突症例。

先天欠如歯をともなう成長期の上顎前突症例。

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 表からの矯正

 10歳の女児の患者さんです。上顎左側に1本の先天欠如歯を認める骨格性上顎前突症例(過蓋咬合をともなう)をヘッドギアによる成長コントロールを行って治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 治療開始前のセファロ分析において、ANB 7.6度と上下顎骨の前後的な不調和が原因となる骨格性の上顎前突症でした。骨の成長発育が続く間、ヘッドギアを用いて上顎骨の成長コントロールを中長期的に行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 ヘッドギアによる治療効果と先天欠如歯のスペースを利用しての上顎前歯の後方移動を行った結果、上下顎前歯部の適切な咬み合わせが得られました。
側貌における口唇の突出感も改善されました。
 動的処置期間は4年8カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG