ホーム » 症例検索 » 非抜歯にて治療を行った叢生(ガタガタの歯並び)症例

非抜歯にて治療を行った叢生(ガタガタの歯並び)症例

  • 10代
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 13歳の女児の患者さんです。上顎歯列に中程度の叢生を認めましたが、咬合平面の変化などにより小臼歯非抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)を認めます。側方歯部は左右側ともに上下の歯がほとんど咬み合っていません。また側切歯(前から2番目の前歯)は左右側とも反対咬合となっています。
 精密検査の結果、前歯部の突出感が認められなかったことなどにより小臼歯非抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 非抜歯にて歯列の叢生を改善する場合、歯列の前後的拡大が起こり結果として前歯の突出が引き起こります。今回の症例ではエラスティックスを用いて上下顎歯列の咬合平面を変化させることで前歯突出を最小限に抑えることができました。
 上下顎の歯列はともにきれいに整い、すべての上下の歯が正常に咬み合う状態へと改善されました。側方からみた口唇の突出感は治療前後でほとんど変化はありませんでした。
 動的処置期間は2年5カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG