ホーム » 症例検索 » 上下顎前歯のリトラクションを行って治療した開咬症例。

上下顎前歯のリトラクションを行って治療した開咬症例。

  • 14~19歳
  • 開咬
  • 表からの矯正

 16歳の女性の患者さんです。広範囲にわたる前歯部開咬を、上下顎前歯のリトラクションとUp & Down エラスティックスの使用で改善を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 左右側第1小臼歯から前方がすべて重度の開咬になっており、著しい咀嚼障害(前歯で食べ物を咬み切ることができません。)と発音障害を認めます。上下顎左右側の第1小臼歯4本抜歯にて、開咬の治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 Up & Down エラステックスの使用と、上下顎前歯部のリトラクションならびにMFT(口腔周囲組織のトレーニング)を行って、すべての歯が正常に咬み合う状態となりました。
 咀嚼障害ならびに発音障害も改善されました。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG