ホーム » 症例検索 » 小臼歯非抜歯にて治療を行った叢生(ガタガタの歯並び)症例。

小臼歯非抜歯にて治療を行った叢生(ガタガタの歯並び)症例。

  • 14~19歳
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

 15歳の女性の患者さんです。上下顎歯列に叢生(ガタガタの歯並び)を認める症例を、IPR(エナメルストリッピング)を行い、小臼歯を抜かずに(非抜歯)矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列にそれぞれ叢生を認め、その結果として上下顎の前歯はほとんど咬み合っておらず咀嚼障害がありました。
 ボルトン分析(上下顎の個々の歯のサイズの調和に関しての検査)の結果に基づいて、複数の歯のIPR(エナメルストリッピング)を行うことで、前歯の前突を引き起こすことなく叢生を改善していきました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 矯正治療を行った結果、上下顎歯列はともにきれいな歯並びとなり、全ての歯が正常に咬み合う機能的なものとなりました。セファロ分析の結果、上下顎前歯部の突出はほとんど認められませんでした。
 動的処置期間は22か月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG