ホーム » 症例検索 » 先天欠如歯4歯と埋伏歯1歯を認める開咬症例。

先天欠如歯4歯と埋伏歯1歯を認める開咬症例。

  • 14~19歳
  • 開咬
  • 埋伏歯
  • その他
  • 表からの矯正

上顎歯列に先天欠如4歯を有し、下顎歯列に埋伏歯1歯を有する重篤な開咬症例を、可能な限りスペースの閉鎖を行って治療しました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 開咬の範囲は広く、上下あわせて17~18本の歯が咬み合っていません。重篤な咀嚼障害と発音障害を認めます。
 また下顎左側第2小臼歯は埋伏しており、上顎左右側の第1、第2小臼歯(合計4本)が先天欠如していました。
Before Ⅳの写真は矯正治療開始前のパノラマレントゲンです。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 MFT(舌癖のコントロール)を行うことで開咬の原因を除去しながら、Up & Down elastics を使用し開咬の治療を行いました。その結果、現存する全ての歯が咬みこむ状態を得ることができました。咀嚼障害も完全に改善され、発音障害も消失しました。
 埋伏歯に対してはスペース確保を行い、所定の位置への誘導を完了しました。先天欠如歯の部分は1歯部を除いてスペースを閉鎖できました。
  After Ⅳの写真は矯正治療後のパノラマレントゲンです。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG