ホーム » 症例検索 » ヘッドギアによる上顎骨の成長コントロール治療で治癒した上顎前突症例。

ヘッドギアによる上顎骨の成長コントロール治療で治癒した上顎前突症例。

  • 9~13歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 表からの矯正

13歳の女児の患者さんです。骨格性上顎前突症で、過蓋咬合(前歯部で咬合わせが深い)をも認めます。成長発育期にヘッドギアを用いて矯正治療を進められたため、小臼歯を抜かずに治療完了できました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎骨の前後的不調和に起因する骨格性上顎前突症で、前歯部で過蓋咬合(咬み合わせが深い)をともなっています。
 サービカルヘッドギアを用いて上顎骨の成長抑制治療を行いながら、上顎前歯部の圧下という歯の移動様式を進めました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 患者さんのヘッドギアに対する協力も良く(2.5年間装着)、小臼歯を抜かず(非抜歯)にて良好な治療結果を得ることができました。
 前歯部は適正な咬み合わせとなり咀嚼障害が改善されました。側方からみた口唇の突出感も改善されました。
 動的処置期間は3年3か月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG