ホーム » 症例検索 » 上下顎歯列に重度の叢生を認める上下顎前突症例。

上下顎歯列に重度の叢生を認める上下顎前突症例。

  • 20代
  • ガタガタの歯並び(叢生)
  • 裏からの矯正

 21歳の女性の患者さんです。重度の叢生(ガタガタの歯並び)の改善と、部分的な前歯部の反対咬合の改善を行うために上下顎の小臼歯4本を抜歯し、リンガルブラケットを使用して矯正治療を行いました。

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 上下顎歯列にそれぞれ重度の叢生(ガタガタの歯並び)を認め、前歯部は上下ともに前突しています。局所的な反対咬合も有していました。
 叢生の改善と上下顎前歯のリトラクション(後方移動)を行うために、上下顎の小臼歯4本を抜歯しリンガルブラケット(歯の裏側に装置を取り付ける“見えない矯正”)を使用して治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 前歯部の後退量を若干増やすためにIPR(エナメルストリッピング)を工夫として行いました。その結果、上下顎の歯列は完全に整直され、前歯部の突出も改善されました。前歯部はすべて正常で機能的な咬み合わせとなりました。
 動的処置期間は2年3カ月でした。

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG