ホーム » 症例検索 » 小臼歯抜歯にて治療を行った開咬をともなった上顎前突症例。

小臼歯抜歯にて治療を行った開咬をともなった上顎前突症例。

  • 14~19歳
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 開咬
  • 表からの矯正

 18歳半の男性の患者さんです。上下顎第一小臼歯抜歯にて上顎前突と前歯部開咬の治療を行いました。 

矯正前

イメージがありません
Before Ⅰ
イメージがありません
Before Ⅱ
イメージがありません
Before Ⅲ
イメージがありません
Before Ⅳ

 下顎前歯部に叢生(ガタガタの歯並び)を認め、咬み合わせは上顎前突となり咀嚼障害を認めます。また、左側第一小臼歯から右側第一小臼歯まで広い範囲で開咬となっており咀嚼障害とともに発音障害が認められました。
 精密検査の診断結果により、前歯部の後方移動のために上下顎第1小臼歯4本抜歯にて矯正治療を行いました。

矯正後

イメージがありません
After Ⅰ
イメージがありません
After Ⅱ
イメージがありません
After Ⅲ
イメージがありません
After Ⅳ

 その結果、上下顎歯列の歯列はきれいに整い、上下顎前歯部のリトラクション(後方移動)により正常で機能的な前歯部の咬み合わせが得られました。発音障害も改善されました。
審美的には側方のリップラインはより理想的な方向へと後退しました。
 

まずはお気軽にご相談ください
電話受付時間
9:30 ~ 18:30
休診日
木曜日・日曜日・祝日
※月一回、休日診療を行っております
CLINIC BLOG